お知らせ

地獄坂と日常

小樽の景色は素朴で穏やかな日常が見える、ただし「目を向けようとすれば」。 『地獄坂』、初めて目にした時は驚いた…

続きはこちら »

公園から見る桜と海

ぽかぽかとした日差しの中でまだ少し涼しい風が吹き、ひらひらと花びらが落ちていく。私は昔から桜を見るのが好きだ。…

続きはこちら »

星の見える坂

遅めの授業が終わった日、自習室にこもって勉強した日、みんなでわいわい帰るのもいいけれど、たまには音楽を聴きなが…

続きはこちら »

トンボ玉の温もり

「私オルゴール作った!」「俺は吹きガラスだよ」 私が中学生の時、小樽へ自由研修に行った。クラスのみんなが集合し…

続きはこちら »

時代を超えるカフェ

「局薬川岡」と書かれた看板を掲げているモルタル塗りの建物。私が住んでいる令和時代の札幌ではなかなか見ることがで…

続きはこちら »

君と小樽で大福を。

大福の粉が口の周りについている。君はおいしいねと僕に笑顔を振りまく。いつもはあんなに身だしなみに気を遣っている…

続きはこちら »

同期会

1981年に小樽商大に入学した僕ら5人の軽音楽部同期連中も、ついに還暦を超えた。本当は、去年みんなで集まってお…

続きはこちら »

2 / 118123...最後 »